プロテインはコラーゲン!?

プロテインはコラーゲン!?

 

コラーゲンが30%

プロテインは、“筋肉”をつけるもので、運動している人が飲むものと思われている方が多いですが、人間の体内のたんぱく質の役割の30%はコラーゲンだと言われています。筋肉が40%の役割を占め、筋肉に次いで大きな役割を果たしています。

美容のためのコラーゲン?

体内のコラーゲンの40%は皮膚に多く存在するので、美容のイメージが強く、最近はプロテインを美容目的でとられる女性も増えています。コラーゲンドリンクなどもありますが、コラーゲンを摂るのもプロテインを摂るようなものなのですが、その話はまた別の機会にしましょう。

骨はコラーゲンでできている

コラーゲンの役割は皮膚以外にも様々ありますが、意外と知られていないのが”骨”です。骨というと”カルシウム”が浮かびますが、骨の30%程度はコラーゲンです。また、軟骨というとイメージしやすいと思いますが、軟骨の多くは水分で、形を作っているのはコラーゲンです。

骨にはコラーゲン

骨におけるコラーゲンの役割は、”柔軟性”です。よく、鉄骨コンクリートで表現されますが、コンクリートのように硬いカルシウムに柔軟性をもたせるのがコラーゲンの役割です。カルシウムばかりとっても、コラーゲンが足りないと骨折しやすくなると言われていますね。

シニアにはコラーゲン

歳を重ねてくると感じやすいのが、膝や関節の痛みです。これらを支える軟骨にとってコラーゲンは非常に重要な役割となっています。グルコサミンやコンドロイチンなど様々なものがありますが、まずは、たんぱく質をちゃんと摂れているかを意識することを心がけるのをおすすめします。

コラーゲンは意味がない?

一昔前は、コラーゲンをとってもすべて胃で分解されるので意味がないと言われていましたが、最近の研究ではコラーゲンは、コラーゲンペプチドとして吸収されるということがわかりました。ペプチドとして吸収されることが良いことかはまた別の機会として、個人的にはプロテインでいいんじゃない?というところで、とどめておきます。

健康のためにプロテイン

健康のために筋肉はもちろん必要ですが、コラーゲンの美容以外の役割もご理解いただけたと思います。プロテインは、運動している人のものでも、美容のためだけのものでもありません。

たんぱく質が足りていないなぁと思った方は、プロテインを検討されるのも良いと思いますよ。

ブログに戻る

お得なまとめ買い

お試しサイズ3個以上まとめてご購入いただくと、10%〜20%お得にご購入いただけます。

詳しくみる

KOREDE NEWSチャット

出店情報やブログなどのお知らせオープンチャットを作りました。
よかったらご登録ください(^^)

「KOREDE NEWS」
https://x.gd/QNCdk

KOREDEの最新情報GET!

おすすめ商品

1 4